水分を出すことは痩せることではない

汗を出してもダイエットにはならない

よくある勘違いの1つが「汗を出すこと=脂肪燃焼」というもの。これは真っ赤なウソです。

確かに、長時間サウナに入っていたりすると、その直後は体重が落ちています。しかし、これは体内の水分量が減っただけで、直接脂肪が減ったわけではありません。

サウナスーツを着て走るというのも、汗が大量に出るので気持ちが良く、達成感があるかもしれませんが、実は燃焼にとってはあまり意味のあるものではありません。

大量の汗は水分不足を招き、脂肪燃焼には逆効果

汗を大量にかくと、体内の水分と塩分が減るので、水分不足を招きます。その結果、血液がドロドロになり、代謝が低下。スムーズに脂肪をエネルギーとして使えなくなるので、燃焼効率が落ちてしまいます。

汗をかくことは、身体の老廃物の排出を促すので、良いことなのですが、しっかりと水分を補給しながら行うことが大切です。

体温を上げるという意味では有効

体温が1度上がると基礎代謝が約13%も上がると言われています。そのため、汗をかくこと自体は脂肪を減らすことにはつながりませんが、体温が上がることで基礎代謝上がり、消費エネルギーを増やすことは出来ます。

半身浴や岩盤浴がダイエットに良い。痩せやすい体質になる。と言われているのは、発汗作用によるものというよりも、体温を高めることで、代謝を促進させることにつながるからです。

脂肪をダイレクトに燃やしたいなら心拍数を上げる

脂肪燃焼を促すために、最も重要なのは心拍数を上げることです。一般的に、息が少し上がる程度の心拍数で、15分以上運動を続けると、最も効率良く脂肪が燃焼されると言われています。

ウォーキングや軽いランニングなどの有酸素運動が脂肪燃焼に有効と言われるのは、このため。

これは、わざわざ運動を行わずとも、例えば通勤時の歩行速度を上げて、意識的に心拍数を上げるだけでも、十分効果があります。掃除や買い物時など、ちょっと工夫すれば、日常生活でも燃焼効率を高めることが出来ます。

なかなか運動を習慣にすることは難しいので、普段の生活の中で、心拍数を上げることを意識してみましょう。

このページの先頭へ