脂肪を溜め込まない食生活のために

食べながら痩せる?脂肪を燃やしてくれる成分

食事の量を減らすダイエットは、美味しそうな食べものが沢山ある現在では、誘惑が多すぎてなかなか続かないものです。

「食べながら痩せる」が基本のダイエット法として、食べながら脂肪を燃焼させ、お腹のぜい肉をへらしていきましょう。

脂肪燃焼効率の良い成分

ダイエットの基本は、摂取カロリーが消費カロリーより低いことによります。

しかし、バランスよくカロリーを体内に取り込むべきで、偏った食生活は、どんなに脂肪燃焼に効果的な食物を食べたとしても、全く効果がでなかったり、返って脂肪を燃焼できず、溜め込む結果となります。

まずは脂肪燃焼のためには、バランスの取れた食生活をおこなうことです。

身体に必要で、脂肪を燃焼させることに役立つ成分

  • ヨウ素
  • L-カルニチン
  • ジンゲロン
  • カプサイシン
  • カフェイン

「ヨウ素」を含んだ食品は、海草類があげられます。「L-カルニチン」は羊の肉に最も多く含まれている成分で、牛肉や豚肉の赤身にも含まれています。「ジンゲロン」は、ショウガの辛み成分が有名です。

「カプサイシン」は、唐辛子に含まれる辛み成分ですが、豆板醤やタバスコ、キムチなどの食材に含まれます。「カフェイン」は、紅茶やコーヒーなどで有名ですね。

食事の工夫で脂肪を減らす

脂肪が増えないようにするためのポイント

  • 高カロリーの食品を摂りすぎない
  • 脂肪を排泄する作用のある食品をバランスよく摂取する
  • 脂肪を減らす為には、便秘をしないことも大切なので、食物繊維の多い食品を摂る

これらのことで、体内の脂肪を減らす事ができます。

脂肪を効率よく減らすには、きちんとした睡眠時間を守り、消費カロリーが摂取カロリーより多くなるように勤め、有酸素運動と脂肪を燃焼させる食材を使った食生活をすることで、無駄な脂肪のない、スッキリした身体づくりができ、成人病などを引き起こす事も少なくなる事から、いつまでも若く健康な身体を維持することができるのです。

併せて読みたい人気記事

このページの先頭へ