有酸素運動で体脂肪を減らす

運動で消費エネルギーを増やす

つい身体についてしまった脂肪を、何とか燃やして消化したいと、多くの方が思っています。

エステサロンで働いていると、女性の美しさはやはりスッキリしたボディラインにあると思います。

そのためには、何とか不要な脂肪を燃焼させることで、美しいボディと健康な身体を得たいものです。

効率よく脂肪を燃焼させる方法

  • 消費エネルギーを増やすことで、脂肪は燃焼されていきます。
  • 運動、新陳代謝をあげる、食べすぎない、バランスの摂れた食事をする。

要するに、食べ過ぎと運動不足で、要らない脂肪(ぜい肉)をつけすぎているのです。

ということは、食生活に気をつけて、適度な運動をすることで肥満と、つきすぎた脂肪からは解放される訳です。

そんな事は、誰だって知っているのですが、なかなか脂肪燃焼ができないという方が多いと思います。

燃焼させるための運動

  • 脂肪を燃焼させるには、有酸素運動が効果的

では、有酸素運動とはどんな運動なのかですが、ジョギングやウォーキング、サイクリングや水中ウォーキングなどがあげられます。

ただし、これらの運動は一定の呼吸法を取り入れる事で、より効果があげられます。

また、心拍数も最大心拍数を超えない程度の付加で行う事が大切で、最大心拍数の70%を持続しながら行うのが理想です。

自分の最大心拍数は220—年齢です。その70%が最も脂肪を燃焼できる心拍数となります。

心拍数測定器は市販されているので、本気で脂肪燃焼ダイエットを目ざす方は、購入されると目安がはっきり解り、運動もより楽しくなりますよ。

有酸素運動の効果を高めるタイミング

有酸素運動が脂肪を燃焼させるというのは定説ですが、では、どんな時に運動をするのがより効果的なのかという点です。

  • 体内に糖分が無くなっている状態では、脂肪は燃焼されない。
  • 空腹時の運動は効果が薄くなります。
  • 食後すぐの運動も食物によって血液中に補給されるブドウ糖をエネルギーとして先に消費するので、これも効果が見込めない。
  • 食事が消化され、あまり空腹ではないときの運動が、効果的

空腹時に行う場合は、バナナなどの糖分が多少有る食物を、体内に入れてから行うと効率よく脂肪を燃焼させることができます。

また、有酸素運動を行う前に、三黒の美酢のようなアミノ酸サプリメントを摂取しておくと、より効率良く脂肪燃焼を促すことができます。

併せて読みたい人気記事

このページの先頭へ