酸素をたくさん取り込んで脂肪を燃やす!

有酸素運動が脂肪を減らすのに効果があるという理由

身体に良いと、よく言われる「有酸素運動」ですが、その効果はどんな所に現れるかというと…

  • 心肺機能を高め、酸素摂取能力が高まる事から、健康促進にも、脂肪を燃焼させるにも効果がある
  • 呼吸するために必要な筋力が強くなることや、体内へ酸素をとりこむ力が強くなる
  • 心臓の働きも良くなる事から、血液の循環がより効率的になっていくので、新陳代謝能力が高まる
  • 平常時の心拍数を下げ、骨格筋の中にある毛細血管を新生させる働きがある
  • 冠動脈疾患などの心配が無く、安静時の血圧を低下させることができる
  • 血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪を減少させ、善玉コレステロールを増加させる働きがあり、体脂肪も減少する

高血圧の方や糖尿病、ストレスからくる不安や鬱症状を抑えるといった効果があることから、有酸素運動はとても身体に良い運動です。

代表的な運動の種類

  • ウォーキング
  • ジョギング
  • ランニング
  • サイクリング
  • エアロビクス
  • ステップエクササイズ
  • 水泳
  • アクアビクス

運動する事で脂肪を燃焼させるには、酸素摂取能力を、運動する方の数値で計算し、その範囲で行うのが最も効率のいい方法です。

スポーツジムのトレーナーは、一人一人の最大心拍数を計算し、その70%の運動量に抑えるように指導しています。

有機酸素運動を効果的に体内に取り込む為には、運動の強度は無理をせず、徐々にあげていき、最大心拍数が70%まで上昇したら、そのまま維持できるように運動量をコントロールしていきます。

有機酸素運動の短所

有酸素運動を行うと、心肺機能は強くなり、脂肪もとれていきますが、筋力や筋持久力は、あまりつきません。そのために、筋力をつけたい方は、有酸素運動の他に、筋力アップの運動を行う必要があります。

これは、欠点といえば欠点ですが、ムキムキの筋肉をつけずに脂肪を取りたいという方には、ぴったりの運動なのです。

併せて読みたい人気記事

このページの先頭へ