糖質を制限するとダイエットが捗る理由とは?

脂肪を効率よく燃やすために

食事を減らしたり、軽い運動をしたりしても、なかなか落ちない憎き脂肪。
どうしたら、この身体に蓄えられている脂肪を効率的に減らせるのでしょうか…

それは…

炭水化物(糖質)を控えることです。

なぜ、炭水化物を減らすと、効率よく脂肪を燃やしていけるのか。
ここから、じっくりと解説していきたいと思います。

糖質と脂質の働きを超簡単におさらい

人間の身体は、活動のエネルギー源として、主に糖質と脂質を使います。糖質は、摂取してスグにエネルギーとして使えるようになる、優れた栄養です。しかし、体内に長期間貯めておくことが出来ず、余った分は脂肪となって蓄積される特徴があります。

一方、脂質は、摂取したからといって糖質ほど素早くエネルギー源として使えるようにはなりません。しかし、身体の貯蔵しておくことが出来るので、糖質が枯渇するなどして、エネルギー不足になったときに活躍します。

つまり、身体の機能として、体内に糖質があるのであれば、まずそれをエネルギーとして使用します。そして、ある程度糖質が減ってきて、まだ活動のためのエネルギーが必要だというときに、はじめて脂肪が使われるわけです。

エネルギー源として、脂肪よりも先に糖質が使われる

現代人は糖質を摂り過ぎている

優れた栄養素である糖質ですが、今の日本の生活の中では、多くの人が摂取過多にあります。ご飯はもちろん、麺、パン、パスタなどの炭水化物。そして、お菓子やケーキなどの砂糖。

美味しくて、手軽にお腹を膨らませることが出来て、満足感も高いので、どうしても食べる量が増えてしまいがち。

そうなると、毎日エネルギーとして必要な量以上の糖質を摂取してしまうことになります。常に体内には大量の糖質があるわけですから、脂肪が燃やされる余地がなく、結果脂肪燃焼が出来ないという状況になっているわけです。

糖質の摂取量が多いと、
脂肪を燃焼させるほどのエネルギー不足が起きない

炭水化物を減らすと脂肪を効率よく燃やせる理由

ここまで読んで頂くと、なぜ炭水化物をはじめとする糖質を減らすことが、脂肪燃焼の効率を高めるのか、何となく分かって貰えると思います。

摂取する炭水化物の量を減らせば、エネルギー源としての糖質が少なくなるので、当然枯渇するのが早まります。そうなると、エネルギー源として脂肪を使わざるを得ない状況になるので、結果として脂肪が有効活用され、燃焼されていくようになる。というわけですね。

炭水化物を減らすことで、
脂肪をエネルギー源として使わざるを得ない状況をつくる

ただし、人それぞれ1日に必要なエネルギー量は違うので、炭水化物を減らし過ぎるのも問題です。最近流行りの、糖質制限ダイエットというものもありますが、あれは少し理論がことなるものです。

ざっくりとしたイメージとして、

炭水化物:タンパク質:脂質 = 4:4:2
デスクワークが中心の人なら、3:5:2でもたぶん大丈夫。

感覚的で構わないので、まずはこのぐらいの比率に変えていってみて下さい。

現状、炭水化物が6割とか7割ある人だと、
てきめんにダイエット効果を発揮してくれると思います。

ダイエットには、油分が敵。と言われていますが、炭水化物も結構太る原因となるものです。出来ることなら、炭水化物減らした分、野菜でお腹を膨らませられるのが理想ですね。

このページの先頭へ