ダイエットをサポートしてくれる食品の一覧

脂肪を撃退してくれる食べ物

脂肪燃焼の促してくれる食べ物を積極的に摂取すると、ダイエット効果がよりアップ!これは、研究によっても明らかになっていることです。代謝を上げ、脂肪を燃やしてくれる食材を上手く活用していきましょう。

1、トウガラシ
ご存知トウガラシ。辛さの元であるカプサイシンには、体温を高め、代謝を上げ、血糖値を下げる働きがあります。
2、ショウガ
冷えを改善してくれることで有名な生姜。これに含まれるジンゲロンという成分が、脂肪の燃焼を促す作用を持っています。他にも、血行を促進したり、発汗作用などもあります。
3、クルミ
クルミは、リノール酸、リノレン酸(オメガ3脂肪酸)など、良質な不飽和脂肪酸を多く含みます。これらによって、悪玉コレステロールを減らすことが可能。また、代謝のバランスを整えてくれる効果があり、肥満防止に有効な食品です。そのほか、様々な美容・抗老化成分が含まれています。
ただし、クルミ自体のカロリーが高いので、食べ過ぎると太ります。1日30~40gも摂れば十分なので気をつけましょう。
4、コーヒー
コーヒーなどに多く含まれるカフェインは、アミノ酸と同様、脂肪分解酵素リパーゼを活性化させる働きがあります。身体に蓄えられている脂肪をエネルギーとして使われやすくし、燃焼を促進させてくれます。運動前の摂取がより効果的です。
コーヒーから摂取する場合は、カロリーや糖質のことを考え、ブラックで飲むことをオススメします。他にカフェインが豊富な食品としては、紅茶や煎茶、ココアなどがあります。
5、海藻類
海藻の中でも、わかめ、もずく、ひじき、昆布といった褐藻類は、脂肪燃焼に効果あり。海藻に含まれる成分「フコイダン」は、脂肪の吸収を抑え、対外へ排出してくれます。
また、「フコキサンチン」という成分は、体内に蓄積されている脂肪をエネルギーとして使われやすくする働きがあります。
6、グレープフルーツ
グレープフルーツダイエットという言葉があるほど、痩せるフルーツとして有名ですね。
香り成分の「ヌートカトン」によって、脂肪燃焼を促すタンパク質“UCP”を多く生み出したり、「リモネン」によって血行を促進したりしてくれます。また、「ナリンギン」という苦味成分は、食欲を抑える効果もあります。
カリウムや食物繊維、ビタミンも豊富なので、ダイエットや美容のために、積極的にグレープフルーツを食べましょう。ただし、グレープフルーツには薬の効果を強くしてしまうことがあるので、常用している薬がある人は、医師に相談して下さい。
7、お酢
お酢にはダイエットに効果的な成分がたくさん含まれています。酢酸によるエネルギー燃焼や、アミノ酸の脂肪分解作用。クエン酸による脚のむくみ解消。血糖値の上昇を抑えるなどなど。
また、血行促進による冷え性改善や疲労回復効果などもあるので、積極的に摂取していきましょう。ダイエット効果を期待して始めるのであれば、一般的なお酢よりも“黒酢”の方がより有効です。

他にも、脂肪燃焼を促してくれる食品はあると思います。ここでは、一般的に手に入りやすく、食べやすいもの。そして、効果の高いものを中心に掲載致しました。

これらの食材を食べれば、スグに痩せるという訳ではありませんが、長期的には確実に脂肪を減らせるので、食べることを習慣していくと良いと思います。

このページの先頭へ